2019.4 「こども文化学科」
  が誕生(認可申請中)

札幌大学女子短期大学部では、2019年4月から
「こども文化学科」を新設する予定です。
近年、社会の変化とともに、子どもを取り巻く
環境やニーズも変わってきています。
ますます複雑化・多様化する教育や保育、
そして地域社会の要望に応え、
未来を担う子どもたちの成長と発達を
総合的に支援できる人材の
育成を目指します。

こども文化学科新設
こども文化学科で取得可能な資格
  • 幼稚園教諭2種免許状
  • 保育士資格

所定の単位を修得すれば2年で両方の資格取得が可能です。
※教職課程認可申請中

卒業後の予想される進路
  • 保育所
  • 幼稚園
  • 認定こども園
  • 社会福祉施設
  • 一般企業 など

こども文化学科が養成する人材像

女性のキャリアに深くかかわるワークライフバランスの実現に向けて、
以下に掲げる人材養成目標のもと、
地域における今日的保育環境の充実に貢献する人材を養成します。

地域
地域とともに地域に根ざした保育を行える人材の育成
人権
子どもの人格を尊重し、人権を守る保育を行える人材の育成
発達
豊かな遊びを創造し、知的好奇心に満ちた子どもを育てる人材の育成
言葉
言語の仕組みを理解し、ことばの発達を支える保育を行える人材の育成
特別支援
支援が必要な子どもに適切な配慮を行える人材の育成
スポーツ・芸術・自然
スポーツや芸術、自然に親しむ子どもを育てる人材の育成

こども文化学科での2年間の学び

子どもの成長支援、また、子育てに携わる保護者へのサポートまでも担える、総合的かつ
専門的な知識と技術を兼ねそなえる保育者になるために必要なことを学びます。

養われる力(授業例)

実践する力
  • 幼児造形
  • 幼児音楽
  • 幼児体育
  • 幼児表現 など
子ども理解
  • 保育者論
  • 保育の心理学
  • 障害児保育 など
子ども支援
  • 子どもの保健
  • 子どもの食と栄養
  • 子育て支援 など
体験的な学び
  • 自然と遊び
  • 言葉と遊び
  • 子育てサロン演習 など

こども文化学科の特長

01.実践的なカリキュラム

乳幼児の成長と発達を総合的に支えられる保育者を育成するため、実践的なカリキュラムが組まれています。豊富な実習科目で、子どもと実際に関わりながら、即戦力となる人材を育成します。

02.地域とかかわる
体験学習

キャンパス内で開催される「子育てサロン Stove」を中心に、乳幼児との遊びや絵本の読み聞かせ、NPO法人「めぇ〜ず」の子ども対象プログラムなど、学内にいながら保育の現場を体験できます。

03.社会人としての
教養を身につける

実社会で求められる、幅広い教養とコミュニケーション能力の体得を重視しています。保育者、そして社会人に必要なビジネスマナーや日本語運用能力などをしっかりと身につけます。

04.4年制大学(札幌大学)
の併設

併設する札幌大学の豊富な教育資源を活用して、知識や経験を磨き、人間性豊かな保育者を目指します。さらに高い目標に向かい大学へ編入し、特別支援学校教諭の免許を取得する道もあります。

2018年春 開園予定

めぇ〜ず保育園

キャンパス内に、地域の子どもたちを受け入れる「めぇ〜ず保育園」を設置。実際の保育現場を見聞きしたり、日常的に子どもとふれ合いながら、実践的に日々の学びを深めます。

初年度納付金 合計109万円(実習費などは別途) ※予定

※学科名、入学定員、教育課程、講義科目については予定であり、今後変更となる可能性があります。